男性

土壌汚染調査で安全を確保しよう|相場の算出方法

強化する意味

作業員

地盤調査の義務化について

以前は地盤調査は必ずしなければいけないという訳ではありませんでした。しかし平成12年に建築基準法が改正され、建物の基礎は地盤の強度により決めなければいけないと定められました。この法律では地質調査の義務について特に触れられている訳ではありません。しかし実質地質調査を行わなければ基礎を決める事は出来ません。ですからベタ基礎か布基礎かを決める場合、必ず地質調査を行う事になったのです。また杭工事を行うべきか等も地盤調査をしなければ決める事が出来なくなりました。地盤調査では現地の調査の結果だけではなく、過去の地形や周辺の地質等も同時に調べて分析して行きます。そしてどのような地盤であるかを知る事で、基礎をどうするか、または補強の仕方も決める事が出来ます。

様々な調査方法と依頼方法

地盤調査の種類はいくつかあります。一つめはスウェーデン式サウンディング試験です。これは先端が尖っている棒に重さを加え、回転させながら土の中に埋め込んでいく方法です。そして重さや回転数等によって地盤を測定します。この方法は昔から採用されている方法で正確で料金も安価です。他には表面波探査法があります。これは人工的に地震を起こし、地面の振動を分析して地盤の強さを測る方法です。この方法は地面に穴を開けないのでコンクリートの上からでも調査する事が出来ます。その他には重りを上から落とし地面の強度を測る標準貫入試験等があります。この調査を実施する為にはまず調査会社に連絡をし、見積もりを取ります。そして見積もりの内容に問題がなければ契約をし、実地調査となります。